小型精米器について

みなさん、こんにちは。(有)吹上商事です。
今日は小型精米器をご紹介いたします。

検査時に胴割米が認められる場合、どの位の混入割合なのか確認したい時に、この小型精米器を使用します。

約40秒間作動させると、少量のサンプルで精米することができ(約スプーン1杯の量)胴割米の頻度を確認できます。
また、もち米は胴割米の発見が難しいので疑わしいものについては、必ず使用しています。

小型精米器(2)
※画像をクリックすると拡大表示します。

コメント


認証コード7006

コメントは管理者の承認後に表示されます。